効果の持続性が短いので、夏の間だけのワキガ対策に良い方法と言えます。

MENU

ボトックス注射とは

ワキガ治療の1つとして、ボトックス注射をするという方法があります。
ボトックス注射でワキガを治療するには幾らかかり、どのくらい大変なのでしょうか。

 

ワキガ治療で行なうボトックス注射についてまとめてみました。

 

ボトックス注射は美容医療では一般的で、シワやたるみの改善や小顔対策などにも行なわれています。
このボトックス注射をワキガ治療に使用します。
治療時間はわずか3分程度です。
大抵の人が麻酔無しでも耐えられる程度の痛みなので、痛みの心配も必要ありません。

 

値段は、注入する製剤などメーカーによりますが、1万円くらいから7万円くらいの間となります。
安いものでは1万円前後ですが、高くなると7万円前後します。

 

手術などをして切らなくて良いので、お手軽で昨今、利用者の増えている方法です。
即効性もあり、効果を感じるのも早ければ翌日からという方もいます。

 

体験者の声では効果を感じている方が多く、「汗をかかなくなった」などの意見が多く見られます。
切開法や手術などのワキガ治療方法に比べ、痛みも予算も時間もお手頃な方法と言えます。

 

ただ、ボトックス注射にはデメリットもあります。
汗腺を抑えることができるのは永続的ではなく、3ヶ月からもって半年くらいとなります。
実際に汗の量を減らすことは出来ますが、期間限定のワキガ対策ということになってしまいます。
夏の間だけでのワキガ対策などには良い方法かもしれません。

 

これら、ボトックス注射でのワキガ対策はお手軽で低価格ですが、効果の持続性も短いので、
デメリットを理解したうえで治療するようにしましょう。

 

ボトックス注射でワキガ治療する際には、
美容クリニックなどでカウンセリングをしっかりと受けてから判断するようにして下さい。