アポクリン腺を一つ一つ、目で確認しながら取り除く手術方法ですが、最近はあまり行なわれていません。

MENU

直視下手術法とは

ワキガの治療方法も様々ありますし、手術方法にも色々な方法があります。

 

手術方法を大きく2つに分けると、直視下手術法非直視下手術法があります。

 

直視下手術法は、機械などを使用する方法でなくドクター自身の目で部位を見ながら行う手術方法です。直視下手術法は、皮下組織を切除する方法でアポクリン腺と皮脂腺を取り除く古典的な方法です。

 

エクリン腺が通常の汗の出るものとされていますが、
ワキガの原因にはアポクリン腺から出る汗が影響しています。
このアポクリン腺を一つ一つ、目で確認しながら取り除いていきます。

 

ワキの下を3~5cmほど切開する切開法の手術方法です。
費用は、おおよそ30万円~50万円くらいで切開する手術方法となります。

 

また、直視下手術法の剪除法(せんじょほう)は、皮膚まで一緒に切り取る切除法と違い、
皮膚を残し皮下組織だけを切除する方法です。

 

ワキガの治療方法で、多くの病院で行なわれていましたが現在は安静入院なども必要なため、
デメリットが多くあまり行なわれていないようです。

 

直視下手術法のデメリットを挙げると、
直視下手術法は非直視下手術法に比べ、切開する方法のため傷跡が残ります。
見た目などの気になる方には注意が必要です。

 

さらに、後遺症などにも留意が必要です。
血管の損傷や神経の圧迫などの後遺症が出る場合があります。

 

ワキガの治療方法として手術の種類にも様々あります。
それぞれどの方法にもメリットやデメリットがあると言えます。

 

直視下手術法は、以前では行なっている病院も多くメジャーな方法でしたが
メスを使わない方法などに比べ、デメリットも多く最近では殆ど行なっていないようです。

 

ワキガの治療でもご自分に合った方法を選ぶ必要があります。
そういった情報なども日頃から入手しておくようにしましょう。

 

また、ワキガの手術方法でも費用や方法もそれぞれ違うので、
手術前にはしっかりとカウンセリングを受けるようにしましょう。